葬儀に至るまでの大まかな流れ

葬儀に至るまでの大まかな流れ

大切な家族が亡くなった場合、当然葬儀を営まなければならないわけですが、何もアクションを起こさないまま待機しているだけでは、言うまでもなく葬儀は行えません。 ということで、葬儀に至るまでの大まかな流れというものを少し説明しておきます。 まず、葬儀会社に連絡することを忘れてはいけません。喪主や遺族からの連絡があって、受け身である葬儀社は初めてそれをサポートするための行動に出ることができるのです。 大抵の業者は、故人の遺体を安置場所に移送する車を手配してくれますから、いったん自宅での安置を望む場合は、布団等、遺体を寝かせるための準備を車が到着するまでに行っておく必要もあります。 基本的に故人をまず移送したのち、葬儀に関する細々とした条件提示や交渉を行うことになります。葬儀に関する不明点などもここで質問するようにしましょう。

生きている時から進める葬儀の準備

葬儀社を決める時というのは、病院で亡くなった時には紹介をされる事があります。 そうなってくると円滑に物事を進める事は出来ますが、思い描いた葬儀は出来なくなってしまいます。 葬儀に対して何も感情がなければ良いのですが、本人にとっては1度、家族にとってもそう何度もある事ではないので前もって色々と決めておくと良いです。 そこで決めるのは葬儀社から葬儀場、予算や通常の葬儀以外にも行いたいものや飾りたいものなどを決める事ができます。 そして亡くなった時に決めておいた場所に連絡をすれば、円滑に葬儀を行う事にもつながっていきます。 思い描いた葬儀をすれば、満足度の高い葬儀をする事ができますので、前もって考慮してみるのも悪くないと思います。

Blog

Calendar