任意売却専門社選びの基準について

任意売却専門社選びの基準について

任意売却をおこなうときに、大体不動産会社や任意売却専門業者に依頼することが多いですが、選ぶ基準は何かあるのでしょうか。やはり経験と知識の豊富な会社にお願いするのがよいでしょう。任意売却は不動産の知識だけでなく、法律的な知識も必要とする手続きで、普通の不動産売却よりも複雑です。なぜなら任意売却の場合は、買主、売主以外に、債権者側も介する手続きになるからです。ですから任意売却専門に特化した不動産会社を選ぶとよいでしょう。その一つの基準としてその会社に「任意売却取扱主任者」の有資格者がいるかどうかを確認すると良いかもしれません。「任意売却取扱主任者」に加え、弁護士とつながりがあったり宅地建物取引主任者がいれば安心でしょう。

競売よりも任意売却がおすすめ

給料が下がってしまったとか、会社を解雇されてしまったという理由で住宅ローンを払えなくなることはあります。 その場合、黙っていると競売が始まるので、任意売却をするのがおすすめです。 ただ、任意売却が面倒で、競売でもいいやと思ってしまう人も少なくありません。 確かに、競売ならではのメリットも無いわけではありません。 例えば、競売の方が、任意売却よりも、長く自宅に住み続けることが可能です。 また、競売なら、任意売却のように、買い手の内見に応じる必要もありません。 しかし、やはり面倒臭がったつけは必ず返ってきます。 競売で落札者が決まれば、いずれ強制的に退去させられる日が来ます。 任意売却と比べて、残債も多めに残ってしまいますから、その後の生活は大変なものになります。 自宅を失った後の生活を考えるのであれば、やはり任意売却をするほうがおすすめです。

 

Blog

Calendar